KooNe[クーネ]を体感

先日とあるご紹介から、ビクターエンタテインメント株式会社の
オフィスに伺わせて頂きました。


具体的にはKooNe[クーネ]を体感させて頂いたのですが
これがまた恐ろしくクオリティの高い空間でした。
都内で過ごす日常生活では、自然と比べて音が乏しいという
説明から、人間の可聴領域に限らず豊かな音を取り入れることの
重要性を説明して頂きました。


私自身、家電製品のお店で5.1chや7.1chのオーディオルームには
入ったことがありますが、それとは比べ物にならないくらいの
高い空間レベルでした。
それもその筈で、そもそもの音源はハイレゾリューションであり
森林に直に音を切り取りに行っているそうです。
間接音により音空間を演出していると言うことでしたが
「音を置く」という的確な表現に衝撃を受けました。

五感に響く空間演出を目指す弊社としても
音は重要なファクターである事は認識しており、今回良い刺激を受けることが出来ました。
今後何かご一緒出来れば素晴らしいなと思います。

このページのトップへ